JCIE「外国ルーツ青少年未来創造事業」の助成対象団体に採択されました

http://www.jcien.or.jp/japan/2020/05/07/post-5244/


日本国際交流センター(JCIE)が公募した、外国ルーツ青少年を対象とした過去最大(3年間約1億8千万円)の助成事業である「外国ルーツ青少年未来創造事業」の助成対象事業の一つにアレッセ高岡が選ばれました!3年間で約2000万円の助成を受けます。


以下JCIEホームページより


日本国際交流センター(JCIE)は、外国ルーツ青少年が必要とする教育支援、進路・キャリア支援等を行う公益活動団体を対象に、2019年12月から2020年1月にかけて助成公募を行い、以下の通り助成対象事業を決定しましたので公表します。

「外国ルーツ青少年未来創造事業」では、全国の外国ルーツ青少年にかかわる活動を行う公益活動団体を対象に助成公募を行いました。社会から取り残されがちの外国ルーツ青少年に焦点を当てた日本初の大型の助成に、全国から16団体の応募がありました。選考委員会の厳正なる審査により、その中から、関東、東海、関西、北陸地域の7団体が申請した事業が採択されました。

採択された7つの事業は、超少子高齢化が進む都市部・地方部において外国ルーツ青少年を重要な地域社会の資源として位置付けなおす啓発的な取り組みや、既存の公益活動における多文化対応の推進による社会的インフラの変革、外国ルーツ青少年の社会的・経済的自立に向けたキャリア形成の支援ツールの開発、等しい教育機会の提供のための包括的支援モデルの構築等、新たなアプローチで社会課題の解決に取り組み、新たな支援モデルを提示、発信していくことを目指す特徴があります。

JCIEでは、助成対象の7つの事業を実施する団体(実行団体)に対して、2020年度から3年間、資金援助とあわせて、目標達成に向けて組織基盤強化や企業や行政との連携強化等の伴走支援を行います。また、JCIEとして、本事業の意義を社会、企業、政府に対して啓蒙・政策提言活動とともに協力の働きかけも行います。

教育や就労において様々な壁にぶつかりやすい外国ルーツ青少年が、今回の新型コロナウイルスの拡大による生活、経済面で影響を一層受けると予想される中、長期的な視点に立って社会的基盤作りを目指す本事業の社会的意義は、今後さらに大きくなると考えられます。

JCIEは、事業採択団体とともに、外国ルーツ青少年が日本社会で分離・分断され、社会的に孤立することなく、「諦めた夢、心の奥底に抱いている夢、今追いかけている夢、まだ見つけていない夢」をひらいていけるような社会基盤作りに取り組んでいきます。


事業概要と審査結果




最新記事

すべて表示

COVID-19で困っている外国人家庭への支援事業を行います

Readyfor新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金に採択していただきました。 https://readyfor.jp/projects/covid19-relief-fund/announcements/139220 この助成金をいただき、コロナ関連の外国人支援事業を行います。これまでに行っていたオンラインによるこどもの学習支援事業に加え、日本に住むブラジル国籍の人を中心に心理・教育相談事

Location

​〒933-0928

富山県高岡市守山町35 ニッセンビル 4F 402

取材申し込みや、講演依頼はこちら

alece.takaoka@gmail.com