外国ルーツ青少年未来創造事業

CLD青少年のための市民性教育プロジェクト

CLD青少年とは

CLD=Culturally Linguistically Diverse

文化的言語的に. 多様な背景を持つ子どものこと

事業の概要

富山県高岡市は少子高齢化や若者の都市流出等により持続可能性が失われつつある一方で、外国人散在地域であるがゆえに、学習不振や不登校、低進学率等のCLD青少年がかかえる深刻な問題は見逃されがちである。地域で育ったCLD青少年は、地域社会との接点が非正規職の仕事や消費に限られ、地域社会の周辺に置かれやすい。本事業では、CLD青少年を主体としたワークショップやフィルムフェスティバル等を通じて地域社会との接点を広げつつ、学習・キャリア支援を強化することで、CLD 青少年が視野を広げ、自尊心を高め、地域の課 題に主体的に社会参画していくための基盤作りを目指す。

アウトプット1
市民性教育講座

市民性形成のために必要なことをワークショップ形式で学ぶ

  • 一年に10回程度。ワークショップ形式

  • 言語のアクセシビリティに配慮し、複言語で行う

  • 一年に1-2度、バスによるスタディツアー実施

 

ワークショップ(予定)

  • 批判的思考のためのワークショップ

  • 東京スタディツアー

  • 気候・風土・防災ワークショップ

  • 進学説明会

  • 忘年会?クリスマスパーティ 

  • カポエラワークショップ

  • 伝統工芸体験ワークショップ

  • 写真ワークショップ

  • SDGsを知ろう!ワークショップ

  • Fair Tradeを考える:貿易ゲーム?

  • Youtuberになろう!ワークショップ

アウトプット2
CLD青少年SDGsフォーラム

 

[目的]「自分たち若者が未来の世界を主体的につくる」という気持ちになり、参画していくための仕掛け。特に社会の非構成員と感じがちなCLD児を中心とする世界を共に考えるフォーラム

 

2年に1回高岡市で開催(2日間)2021年,2023年

  • 10チームによるプレゼンテーションとワークショップ、ディスカッション

  • 1チーム3-5名で構成(17歳以下)

  • 発表言語は自由。しかし多様な聴衆が理解できる(アクセシビリティ)配慮をすること

  • チームの構成に日本語母語話者のこどもを含める

  • SDGsの中のテーマから選び、提案型プレゼンテーションを行う

アウトプット3
CLD青少年フィルムフェスティバル
  • 映像作品をとおして、自分たちの問題意識・きもちや思いを伝える
  • 日本人とCLD青少年がチームとなり、地域を舞台にした映画(ドキュメンタリー等)を作成し鑑賞会を行う
  • 製作方法を学ぶため、高岡で映画作成のためのワークショップを行う
  • 隔年で、全国から映画を募り、フィルムフェスティバルを行う。
  • 映画の鑑賞会とディスカッションを組み合わせたワークショップを通し、多文化共生への理解を地域に広める
アレッセ青年部メンバー
第一期メンバー募集中

ワークショップなど各種市民性教育事業を一緒にやってくれる青少年を募集しています。

市民性教育活動を通じて、みんなで楽しく人づくり、

コミュニティづくり、まちづくりをしませんか?

期間 1年間

​希望者はアレッセまで!

Location

​〒933-0928

富山県高岡市守山町35 ニッセンビル 4F 402

取材申し込みや、講演依頼はこちら

alece.takaoka@gmail.com