ALECEとは

アレッセ高岡は、言語的・文化的に多様な青少年(CLD青少年)が進学等によって自己実現を果たし、日本とルーツの国の架け橋として、また、地域社会の一員として活躍する人材となることを目標とし、学習・情報支援を行っています。高齢化・人口減少・経済停滞等の課題を抱える地方の活性化には、多様な価値観や文化・習慣を受け入れ、共に変化・発展していく多文化共生社会の実現が欠かせません。アレッセ高岡はCLD青少年の教育を軸とした地方創生を目指しています。

―活動内容―

アレッセ高岡は、2010年より進学を目指すCLD青少年対象の学習支援教室を開始、以降徐々に活動の幅を広げ、学習支援と教育関連情報支援の2つの柱で事業を進めています。

学習支援事業:・学習支援教室の開催(週2回)

 ・多言語教科学習動画の制作(高岡向陵高校国際部と連携

情報支援事業:・子育て・教育・キャリアデザインに関する多言語資料の作成(富山県国際課受託事業)

 ・高校進学説明会の開催(他団体との協働)

―アレッセの歴史―

2010年4月

アレッセ高岡(正式名称:高岡外国人の子どものことばと学力を考える会)結成

2010年5月

学習支援事業スタート(~現在)

2014年5月~2月

富山県国際課「外国にルーツをもつ子どもたちのキャリアデザイン支援プロジェクト」受託

2014年11月

とやま国際草の根交流賞受賞

2015年5月~2月

富山県国際課「外国にルーツを持つ子どもたちのキャリアデザイン支援プロジェクト」受託

2016年5月~2月

富山県国際課「外国にルーツを持つ子どもたちのキャリアデザイン支援プロジェクト」受託

2017年5月

動画制作プロジェクトスタート(~現在)

2020年4月

JCIE事業スタート(~現在)

  1. 学習支援教室(対面)の開催(通年)

    • 毎週火曜日17:00~19:00、毎週土曜日9:30~11:30、13:00~15:00​​

    • 主に中高生を対象

    • ​教室にはポルトガル語、ウイグル語、英語をレパートリーとしてもつCLD青少年約20名が勉強しています。

  2. ​​オンライン学習支援事業

    • ​​ZOOMを使ったオンライン学習支援を行っています。

  3. ​​市民性教育プロジェクト​​

    • 月1回の市民性教育ワークショップ

  4. 情報提供・外国人支援 

    • 子育て・教育・キャリアデザインに関する多言語資料の作成と配布

      • 26~28年度富山県国際課

      • 「外国にルーツをもつ子どもたちのキャリアデザイン支援プロジェクト」事業の受託
         →現在は作成した資料の配布活動

  5. 動画制作プロジェクト(2017年5月より)

    • 高岡向陵高等学校(国際部)との連携

    • 動画1ポルトガル語ver.アップ済み、動画1中国語ver.アップ済み​

  6. 新型​​コロナ緊急支援

    • ​日本に住むブラジル人を対象とした、カウンセリングやセミナーの開催

170802ソロプチ受賞.jpg

青木​ 由香 AOKI Yuka

​アレッセ高岡理事長

Location

​〒933-0928

富山県高岡市守山町35 ニッセンビル 4F 402

取材申し込みや、講演依頼はこちら

alece.takaoka@gmail.com